こんにちは

硬式野球部監督を務めております言語文化学部英語専攻2年の田邉勇斗です。

監督の挨拶といたしまして外大硬式野球部の魅力などを私が感じたままにお伝えできればと考えております。

私は小学校3年から野球を始め、ずっと野球一筋の人生を送ってきました。高校最後の試合を不完全燃焼のまま終え、大学で野球を続けるか迷いながら浪人生活を送りました。辛い浪人生活を経て入学した私にはやはり野球をしないという選択肢を選ぶことはできず、先輩方の熱烈な勧誘やチームの雰囲気がとても良いと感じ、入部に至りました。入部の決め手としてひとつだけあげろと言われたら “選手全員でチームを作り上げる”という点が挙げられると思います。外大野球部についてまず驚いたことが監督や顧問を行う大人がおらず、学生が監督を務めていたことでした。その点で中高であるような監督と選手の距離や懸隔がありません。部員全員がチームにとって何が必要なのか意見を出し合うことができる環境が整っていることはとても新鮮でした。比較的部員の数が少ないことで、それぞれが必ず輝く場面が出てきます。また留学帰りの先輩(恐らく2つから3つ上にあたる)とも野球をできるのは外大野球部の魅力であると思います。

外大野球部には個性豊かなメンバーがたくさんいます。私のように野球を辞めるには悔いが残っていたり、高校の時軟式をやっていて硬式を野球の経験がなかった人までいます。ぜひ僕たちと一緒に外大野球部を作り上げ、大学野球という、これまでと一味違った野球を楽しみましょう!